Sincerity宝城の思い

ホーム > Sincerity宝城の思い

安心してご依頼いただくためにSincerity宝城が大切にする思いをお伝えいたします

「真心」と「ご家族目線」のご葬儀

故人様の人生において、ご葬儀は最後の儀式であり、ご家族の皆様にとっては大切なお別れの時間です。ご葬儀の時間と空間を提供するだけでなく、皆様の思いをきちんと汲み取ることが、私たちSincerity宝城の仕事です。
Sincerity宝城では、「真心」と「ご家族目線」、2つの姿勢を大切にしています。私たちの「真心」を表現するために必要なものが「ご家族目線」であると考えています。
「ご家族目線」とは、故人様とご家族様の一員になり、一緒に故人様をお送りすること。「一緒にお送りするために何ができるのか?」と、常に考え追求し、行動することで、ご家族様だけでなく、故人様にとっても良いご葬儀になると考えております。突然のご不幸に戸惑い、悲しい思いをされているご家族の皆様へのお声がけひとつにも、気持ちがこもっていれば、伝わるものがあるはずです。ご葬儀を終えたときに、ご家族様から「声をかけてもらって助かった」と言っていただくこともあり、私たちの「真心」と「ご家族目線」を感じ取っていただけていると実感しております。

故人様のご遺志に寄り添い、故人様にご満足いただく

ご葬儀の「主役」は、お亡くなりになった方です。故人様のご意向に沿うご葬儀が理想ですが、事前にご家族様などへ伝えていない限り、故人様の言葉を伺うことはできません。
ご家族の皆様から故人様のお好みを伺い、最大限ご遺志に寄り添ったお式にすることは、葬儀に携わる者の大切な務めだと思います。大阪府八尾市のSincerity宝城では、できるだけ故人様のご希望を形にするため、ご家族の皆様から必要なことをしっかりと伺います。故人様のご遺志は、ご家族の皆様とのコミュニケーションや信頼関係がなければ、十分にお聞きすることができません。
Sincerity宝城は、ご遺志を尊重し、「ご本人様だったらどうして欲しいだろうか?」とご家族様と一緒に真剣に考えてまいりました。ときにはご葬儀のセオリーから外れるようなことでも、故人様とご家族の皆様が満足していただけることであれば、かなえていきたいと考えています。
大阪府八尾市のSincerity宝城は、八尾市だけでなく、大阪市平野区や堺市など、様々な地域にお住まいの方のご希望にお応えしてまいります。

葬儀社は出しゃばらない

ご葬儀を経験された方々から、「葬儀社が仕切ってしまい、満足のいくお別れができなかった」とお聞きすることがあります。ご葬儀には一定の流れがあり、宗派などによって必ず行う儀礼や出棺などの予定時間が決まっています。ご葬儀全体の流れに沿った形だけで執り行い、ご家族の皆様の別れがたい気持ちや、お別れのための大切な時間まで「時間ですから」という理由で仕切ってしまって良いのでしょうか。
「葬儀社が出しゃばらない」ことは、Sincerity宝城のスタッフ全員が共有している姿勢です。あくまでも私たちは、お別れの大切な時間をお手伝いさせていただいているのであり、「やってあげている」のではありません。「ご家族目線」で考え、最後のご出棺前はご家族様の手で…との思いを大切にしています。些細なことかもしれませんが、ご家族の皆様からは「お別れの時間を大切にしてもらった」というお声をよくいただきます。
故人様のため、ご家族様のための葬儀を、これからも続けてまいります。

ときにはスタッフがもらい泣きすることも

Sincerity宝城は葬儀社として、故人様とご家族様のお別れという大切な時間をお手伝いする立場にあります。故人様の肉体はその日をもってなくなるので、少しでも良いお別れの時間を持っていただくため、場合によってはご家族様の背中をそっと押すようなお手伝いをすることもあります。ご家族様とのコミュニケーションを大切にしていると、スタッフ自身がご葬儀に感情移入してしまうことも…。ときにはもらい泣きをしてしまい、故人様を偲ぶ気持ちになります。
葬儀社という職業上、いつもご家族様の気持ちに寄り添って悲しんでいては仕事にならない、と言う人がいるかもしれません。けれども、ご家族様の心がスタッフに伝わり、スタッフの心がご家族様に伝わるようなご葬儀なら、故人様にも喜んでいただけるはずです。Sincerity宝城の考える「真心」と「ご家族目線」を持ったご葬儀を形にした結果であれば、それが正解だと思っています。私たちのご葬儀の目的は、お見送りされる故人様と、お見送りするご家族様、皆様に満足していただくことなのですから。

ご依頼の流れ

ご逝去お電話にてご連絡

・入院先の病院や老人ホーム、老健施設などでお亡くなりになった場合

あわてず、Sincerity宝城へお電話ください。ただちに寝台車でお迎えに上がります。

・ご自宅でお亡くなりになった場合

お電話いただければ、必要な手続きなどをご案内いたします。

24時間電話受付可能 0120-449-040

故人様のお名前とご住所、お電話番号に加え、ご帰宅されるか霊安所に搬送されるか、ご希望をお伝えください(弊社にも安置室がございます)。

ご安置ご帰宅または弊社安置室へ

ご安置した状態でドライアイスなどの処置を施した後、お線香をあげていただきます。
安置室に搬送した場合も、ご安置後にお線香をあげていただきます。

ご帰宅の場合は、故人様をご安置するお布団をご用意ください。

打ち合わせお葬式の規模、プラン、形式など

日程、葬儀の規模などについて、弊社の担当者とお打ち合わせいただきます。火葬場や告別式などの式場、オプション品や返礼品なども決定します。分からない場合は、ご希望に合わせて葬祭ディレクターがご提案いたしますのでご安心ください。

遺影写真をご提出ください。

納棺式式場へ故人様を移送

式場への移送の寝台料金も弊社標準プランに含まれております。追加料金はございません。

通夜式までに故人様をお棺に納める儀式、納棺式を執り行います。お棺に入れたい物がございましたらご用意ください。なお、火葬の関係上、可燃物に限らせていただきますのでご了承ください。燃えにくいものはできるだけご遠慮ください。

通夜式通夜式への列席、ご焼香

通夜式当日、式場に祭壇を設営。生花などをお供えし、宗教者様により通夜式を執り行います。ご親族の方は列席していただき、ご会葬者の方はご焼香後、お清めに進んでいただきます。

告別式故人様とのお別れ、出棺

通夜式翌日に告別式を執り行い、ご挨拶の後お別れです。故人様を霊柩車にお移しし、出棺します。火葬場まで行かれる方は、タクシー、マイクロバス、自家用車などで移動します。

荼毘に付す火葬場にて、最後のお別れ

荼毘に付す間は、休憩室にてお待ちください。待ち時間の間に精進落し(お斎)をする場合があります。ご収骨の案内が入りましたら、収骨室にてご収骨いただきます。ご遺骨をお持ちいただき、再びタクシー、マイクロバス、自家用車などで式場に戻ります。

ご遺骨の安置式場にて初七日法要(もしくはご焼香のみ)

ほとんどの方が、葬儀の当日のうちに初七日法要を行います。斎場、ご自宅、式場から法要の場所をお選びいただけます。ご自宅飾りもプランに含まれており、弊社スタッフが設置します。ご自宅飾りは四十九日までの祭壇です。
ご自宅にお帰りになる場合、ご遺族の方がご遺骨、ご位牌、お写真をお持ちください。

ページの先頭へ戻る

葬儀 大阪、家族葬 大阪 / 葬儀 八尾、家族葬 八尾/ Sincerity宝城は大阪府八尾市、大阪市平野区、東大阪市、堺市などで家族葬や創価学会友人葬を執り行える葬儀ホールです。社葬や一般葬など様々な規模に対応したプランをご用意しており、葬儀のプロの思いや葬儀のご依頼の流れを紹介しています。

人気の式場リスト

上記の各斎場から、集会所、公民館、ご自宅まで、ご希望の場所でのご葬儀を承ります。

遺品整理のご依頼